<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

魚野川で鮎釣りの喜び

今年は、関東は酷暑のような気がしましたが、全体的には冷夏なのでしょうか?天候不順が続きますね。

鮎釣りに出かけられずにガッカリしている方も多いようです。
そうなると、鮎釣りが出来た時の喜び、良い型の鮎が釣れた時の喜び、良い香りの鮎が掛った時の喜びを初心の頃のように感じたりします。

そんな喜びを、今日はお持ちいただきました



魚野川で4時間で9匹、雷雨で終了だったそうですが、型が良いのは引きが良く楽しめたそうです。(写真魚が偏っててスミマセン
 カメラマン悪し)



現場で22cmあったそうです。
どんぶり1回あって、もっと大きかったのはオトリにして持っていかれてしまったそうです


良い型の良い香りの鮎でした。

 


いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-30 23:59
2014年 09月 28日

いよいよ、大会前日です

九頭竜川四日目。
いよいよ、大会前日です。


四時間半分ほど、竿だしました。今日はあまりつれない
12匹釣っただけ、親子丼もくらったー。



そんでもって、前夜祭。
会場は、結婚式場だったー。
30周年記念大会ですからねー。
勝算はないけど、
明日は明日の風がふくーっで
がんばりまーす。

 


いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-28 23:59
2014年 09月 26日

九頭竜川三日目

8月28日。
九頭竜川三日目。
今日は、少し早起きして、9時半からスタート。


まずは一つ目エリアを、午後2時すぎまで探りました。釣り人多く、思うように動いて釣れませんが、30匹ほど、適度に掛かりました。



3時近くから、5時半まで場所変えて、違うエリアをつりましたが、ここは、厳しいエリアで、マツカツには、釣れません。掛かる魚も小さいし、、、、、、魔のエリアと命名!!




一度か二度は、このエリアも釣らねばならないので、
でも、釣れないエリアの方が、勝負的にはいいかもね




明日は、大会前日なので、疲れない程度に少し竿出してみます。


いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-26 23:59
2014年 09月 25日

九頭竜2日目

8月27日。
九頭竜川2日目です。
どうせ、濁りに増水だろうって思って、のんびり起きたら、、、、

水位みたら、早っ!!

水、結構引いてるー



川について、水色見ると、濁ってはいますが、昨日よりだいぶ澄んでました。汗!!

のんびりしてたから、釣りスタートが午前10時45分になってしまった。
今日は結構、デカイのが掛かります。親子丼もくらったー




瀬で、デカイの掛かると、楽しいですが、大会となると、しんどいなー




午後5時半でまでやって36匹ゲット!! てか、下見忘れて、のんびり普通に釣ってしまった

エリアが広いので、見切れないですー。
ヤバい




いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-25 00:26
2014年 09月 23日

九頭竜IN

本日より、シマノジャパンカップに向けて、下見で、九頭竜INしまた。


一通り、川眺めて、、、、すでに、下見の選手も、きてますねー。
先日の大水からは落ち着いてきているようですが、昨夜の雨で、前日より、増水した模様。
濁りも残ってます

午前11時ごろから、釣ってみましたが、



雨が、、、、、


どしゃぶりの雨です。
ずぶ濡れ、寒い、釣れない

二時間頑張りましましたが、どんどん、増水ー。
一度、車で休んで、、、、
午後3時ごろ、雨やんだので、場所変えて、再開します。

が、、、、、



水もさらに増えて、濁りも強く、とっても下見どころではない感じ




再開後、40分釣って、あえなく、トータル、ちっこいの七ひき釣っただけで、納竿でした。
やることないので、恐竜博物館いってしまった





明日は永平寺かー

明日も釣りになるのかー微妙ーです。



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-23 00:59
2014年 09月 21日

ネバネバパワー

四季には、その季節に必要な栄養が備わった産物が出来るそうですね。

美味しいネバネバのお宝で力をつけさせていただきました



先日白いゴーヤもいただきました。
あまり苦くないというので、糠漬けにしてみました。
ちょっと苦味があってくせになるかも
 うんまいです




そして、胎内の鮎の一夜干し。
良く焼きにすると、頭からポリポリ食べられて美味しい






てか、こんなに小さかったかな

大切にいただきまーーーす





いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-21 00:59
2014年 09月 18日

JC予選新潟大会

8月23日

またまた、越後荒川へ

っていっても、シマノJC新潟予選のスタッフですので・・竿だせずですが・・


夜に降った雨で・・増水が心配でしたが・・
昨年の増水が頭をよぎるぅ〜

幸い、多少の増水といったところでなんとか、開催されました。


一回戦は3時間、上流は温泉橋、下流は高田橋までのエリアでした。


 



小見橋下の左岸の流れ・・・・見ていたら、いきなり、新潟の五十嵐選手が、宝くじに当たったとかで・・・入れパクで好スタート
きってました。場所も当たりですが、腕も良いから釣れるのでしょうけど。

 

本部の対岸から荒川を望む。



スポーツ公園前もいいペースでかけてました。

1回戦は玉木選手の19匹がトップ。

ボーダーラインは12匹で当確。11匹はじゃんけんで、1人抜けでした。





参加選手は152名?だったが・・20パーセントの31名が決勝に進出です。

そして、決勝戦スタート




エリアが絞られ、2時間の試合です。


2回戦のころには、水がかなり引いておりました。




決勝戦は、かなり名手の姿もあり、ハイレベルな戦いになりました。



検量には、放流&天然魚で、結構良いサイズも持ち込まれます。


 
来年のセミ東日本進出は2時間で14匹(オトリ込)以上を釣った9名に決定




優勝は20匹でぶっちぎりの若狭選手

2位石成選手

3位小池選手


どちらかといえば、瀬を釣った人が上位でした。

いつもだとへチ狙いが良い場合が多いですが・・・

結果発表&表彰式&抽選会と・・・


試合で負けても、抽選で勝つ人もいるのです。



松坂牛ゲット
   いいな〜

正式な結果は、シマノ・ホームページでどうぞ

参加された選手のみなさんお疲れ様でした。

 



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ



[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-18 23:59
2014年 09月 17日

お久しぶりな胎内で2日目

8月19日お休み2日目は、例のごとく、ウロウロと主が車で回って(事実、方向音痴なのかすぐそこに無用な遠回りして着いてます
 のんきさに笑えます
)、胎内川に入ることになりました。

同居人は、胎内川は10年ぶりくらいでしょうかね??
オトリやさんもなんとなくウロ覚え・・
たしか上流に向かって学校も近くにあって橋渡ってすぐ・・意外に記憶が確かで懐かしいオトリ屋さんに到着。ご主人もお元気そうです



川に戻り、バッチリ支度をして、主の後を着いて川に出ようとすると、主がハッと振り向いて

「鑑札もらうの忘れた、行かなきゃダメだぞ!」
と、言って、あごをクィックィッ
と同居人にしてます。
マージーで〜


お金を払って、お茶頂いて鑑札貰うのを忘れた同居人。オトリを入れてテーブルに鑑札を置いてきた主。。。なんとのんきな、ぼんくら夫婦です


黒ずくめのバッチリタイツ姿でまたクネクネ道
を運転してオトリ屋さんへ、ご主人はすぐに解ったらしく「忘れ$@&#」と鑑札を渡してくださいました


お泊りで、6時半に起きたのにもかかわらず、釣り開始が何故か10時半と遅い同居人なのでした



主がクロサギ(細くはないけど・・)みたいに川の真ん中に立って待ってます


川に降り、浅い分流から始めます。足首くらいの水深のところもあるので、端っこの石に座って静かに釣ります。主は釣りながら本流から下流に降りていきました。
同居人は、掛りそうで掛らない分流がなんだか悔しくて、分流を突っつきまわします

(時間を潰しすぎたかも・・・


でも、ここもやっぱり遡上が悪いのか、川に入って足元からチビ鮎が逃げる姿はありません。追いっこをしてキラキラ光っているというのも見られません。今年は、そのどちらも見ていないので、なんだかちょっと寂しいのです


2日目の竿は、またヴィクトリー。変わってしまった調子に慣れたいので、ちょっと我慢です。魚も小さいので振られず、キャッチミスは少ないです


そして、胎内では、鮎が掛って、キラキラ
クルクルと回るのを見ることができ、今年初の光景に、ちょーーー喜びwwwww


でも、そのオトリを出してもすぐに掛らずイライラ
、しかも掛っても飛ばす前によくバレますし、送り出したNEWオトリも勢いよく出て行って石や流木の下に逃げ込み根掛りも多いです


嬉しwww
 イライラwww
 の繰り返し

ハリを何種類か変えて、丸みの大きいハリに変えてバレが減ったようです。
午後になると気温もグングン
上がり、同居人もフラフラして、何度も転びます

水面と目印と奥行がなんだかよく解らなくなってボーっとしたりしたので、浅い水辺にペタンと座ってしばらくお休み。ちょっと、熱中症気味でしょうか??珍しく、ポタポタ汗がこぼれます



下から視線で川を見るとなんだか、気持ちいい・・・
思えば、澄んだ水で釣りをしたもの今季初です。

しばらく、休んで
また釣りしてを繰り返しますが、途中、勢いよく飛んできた鮎をキャッチすると、なんとそのまま、ウェダーのモモのアタリに引っかかってしまい、よく見れば、オトリ鮎→掛り鮎→袋タモ→ウェダーの順にハリが縫ったように引っかかってます。イカリでこんなになるとは・・・


これがなかなか取れず、鮎が死んじゃうwww
と焦った同居人は、水辺に横になって、ちょー崩れたお姉さん座りで体をくねり
ながら、やっとこハリを抜く事ができました

誰もいないのでできた格好です。河原で不気味な格好の同居人でした


入れ掛りこそ無かったものの、クルクル回る鮎を見たり、浅瀬で鮎が走ったり、枝ばかり釣ったりと、一喜一憂しながらの釣りは、とても楽しかったです


今期、5回目の釣行となる胎内川。ここへきてやっと、川や魚のサイズによって、手じりの長さは、このぐらいが釣りやすいかな?!と思い出してきました。
もう一回くらい、他の川でも行ければ、少しはスマートに釣りが出来るようになるでしょうか??


2時過ぎにお昼と行って上がった主が、ずーっと戻ってこないので、主も熱中で倒れてるんじゃ??とちょっと不安になって、4時半には終了して主を探してウロウロ。
何事もなく5時半過ぎには戻ってきてました


もう、土手には、秋の七草の葛の花が満開でした。



帰りの車中では、主が元気で運転しておりましたが、同居人は、ホントに暑気にあたったのか・・・ありえないくらいの足がつりまくり激痛
 今までここまで酷いのは経験がありません。普段ガブ飲みしない水や麦茶をガブガブ飲んで、酸っぱいものを食べたりして・・・水っ腹でちょっと気持ち悪くなるほどでしたが、帰宅する頃にはだいぶ楽になりました・・・


楽しかったですが、自分ケアもちゃんとしなきゃですね

ちなみにスマホのケアも忘れコードなくて充電不足で気にしていたら鮎の写真撮るの忘れちゃいました


釣果:53匹キャッチ
仕掛:フロロ0.175号、サンライン・ハイブリットメタル0.07号
ハリ:セナ6.5号、V狐6.5号、タフ6.5号、要6.5号、



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ




[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-17 00:25
2014年 09月 14日

同居人、荒川リベンジ釣行じゃ〜

8月18、19日。久しぶりに連休で休めることになったので、主の釣行にお付き合い


本当は、九頭竜に行く予定だったみたいですが、天候と河川状況で新潟釣行となりました。

荒川といえば・・・前回同居人は、魔のコミさん・・・嫌な記憶が・・・

おっしゃ!!コミさんからの脱出を図るべく、リベンジなのじゃwww



三面ドライブまでしてから、到着して川を見ると、前回よりも水が少なく澄んでいます。
ダム下を釣ろうか悩んだようですが、型がいいだろうと前回の下流ポイントへ


同居人も準備をして、竿を出して・・・ある事を思い出し、はああ〜
ため息です。
前回竿を折ったので
・・・、下野の旧バージョンですが、もともと1番2番に替穂が、柔らかいタイプとパワータイプがついていたんですが、そのパワータイプの2番を折ってしまったのです。ずーーっと、パワータイプだけを使用していて4年かけてやっと慣れたのに。。。ヘタっぴだと竿に慣れるにも時間がかかります

仕方ないので、今回は、柔らかい2番にパワータイプ1番を入れて使ってみることにしました。

水も減って、濁りもないので歩くのが楽になりました
 なので主が釣っている近くから始めます。
今回は、オトリが電光石火
で死んじゃうこともなく、仕掛けのトラブルもなく、送り出すと程なくして1匹とることが出来ました。
前回の不運の連続は何だったんだ・・・


だんだんと流れの強い瀬肩に入っていくと、掛る鮎のサイズも上がり、竿先にブルルンブルルン

のアタリがきて、久々楽すぃwww



ところが、ここで、落とし穴!!

いつもより、ブルンブルン竿にくると思ったら、そうです。穂先(正確には穂持ち)を柔らかいのに変えていたんです。
そのため、少しでも重い鮎や走られると、竿が上手く使えません。飛ばして来ても、同居人の力では、穂先の揺れを修正して上手に持っていられず、なんと4連続キャッチミス


その後も3回に1回くらいしかキャッチできないかんじで、鮎が増えずに具合が悪くなっていくばかり・・・
 コミさんは脱出したものの、このままでは、また負のスパイラルに突入です。
それでも、竿に慣れようとしばらくは使いますが、もう!!あきまへーーーん!!

午後2時頃には、休憩がてら車に戻り、竿を変更。
旧トリプルフォース早瀬を持ち出します(もちろん尻栓は新品です


竿が強くなったので仕掛けもちょっと変えて、釣り再開。
重たいし、掛った時の穂先のブルルンブルルンは、なくなってしまって、ちょっと寂しい
ですが、胴がしっかりしているので、とりあえずは鮎は真っ直ぐ飛んできます。たまにバラシますが、引き船に再び鮎が増えてきました



中州を歩いて見れば、ハミアトの綺麗な石もあります。
なんだか、見ただけで嬉しい気持ちになります(これは、鮎釣り師の笑顔の暗号ですね


主や二人ほどいた釣り人はみんな、橋下の強い瀬や駆け上がりの辺りを釣っているので、同居人だけ橋上で一人っきり。のーーんびり、あっち歩いたり
こっち歩いたり
結局最初の瀬肩からちょっと上が一番釣れるみたいなので、最初に戻り、今度は反対向いて釣って・・・楽しみました。

ただ、オトリ交換の時に体を安定させようと片ヒザを着いてたので、だいぶアザができて痛いのですが、今回は、コミさんを脱し、キャッチミスばかりでしたが、人もいず、暑くもなく十分に楽しみ、5時には終了となりました。6時間位の程よい釣行です





夕食に出かけた先では、鮭がいっぱい掛けて干してあるのを、外からですが初めて見て、海鮮丼や村上牛をちょこっと食べて、ここが村上かあ・・
女川ソーセージで、ノーマル、ハーブ、ペッパー、チョリソーを堪能。なるほど〜!
と今更ながらに思ったのでした。
翌日も楽しみなうちに就寝
となりました。

釣果:21匹キャッチ完了です

仕掛:シマノ完全フロロ0.2号、シマノ完全メタマグナム0.05号
ハリ:セナ6.5号4本、タフ6.5号4本



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-14 23:59
2014年 09月 13日

新潟釣行。2日目!!。


 

新潟釣行二日目は・・・・

胎内川へ。


上流のオトリやで入漁券とオトリ買って、

いざ、下流のポイントでタイツに着変え、さて、やろうってところで、

あれ

入漁券忘れた・・


お金払って、券をもってくるの忘れました。同居人と二人・・まるでのんき


再び、オトリや戻り・・・
再び川へ


入川するなり、陸ナメが結構あるし期待できそう

 




午前10時スタート

養殖オトリをおくるやいなや・・・

ヒット
したが・・今シーズン最少ってくらいの小型

全部、このサイズなら泣けるが・・・



スタートはヤナギバリで、ぽつぽつ釣れます、
サイズも最初の1匹意外は、小ぶりですが、十分オトリになります。



釣り下りで拾い釣り、2,3匹ずつは連発しますが・・
ほんとの魚影の濃い胎内川なら、もっと入れ掛かりになるはずですが・・・
意外と難しい感じ・・・


オトリを泳がせても掛らないし・・・止め気味にフラフラ釣りで、ちょっと掛るのに時間がかかります。

それでも、午後3時前ころには50匹は超えて、小ぶりですが引き舟がやばくなってきたので、
一度車に戻り、小休止。

もう一つの舟に、オトリだけ入れて、再出動


今度は少し上流に歩いて釣りだします。


良いスポットでは、バチバチ

掛りますが・・バラしも多い




型は小ぶりで12〜13センチも交ざるので、それもオトリに使わなければなりません。
でかくても、15〜17センチ程度です。
午後5時半まで、30匹程度追加。夕方はやっぱ、追いが良いです。



サイズは小さくても、天然の野武士的な鮎のアタリ
と引きは、楽しいです。
ほんとの野武士は見たことないですが・・・




天気も良く、汗ダクでしたが・・楽しめた、新潟二日間でした。

 釣果84匹
(タックル)
ロッド・シマノ・LPトラスティーTYPE-H90NI
仕掛け・メタマグナム完全仕掛0,05号
ハリ・つりピット!オリジナル二本ヤナギ8号。
オーナーイニシアブロンズ6,75、楔SP6号
ワンタッチV背バリ使用。



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-13 00:25