2016年 05月 17日

興津川でジングージ!納竿!



10月15日。
狩野川激沈から興津川にむかったジングージ達!!
今日で納竿だそうです。


宮原おとり店に8時前に到着。

今年のトーナメントの事や来年の話などで話が盛り上がります。

カバちんも、質問していろいろ教えて頂きました。

 上流域が若い魚が多く、まだまだ引き釣りで釣れているとの情報をいただき、

8:30~西里地区の黒川合流付近からスタート。

 





10月の朝とはいえ、水は冷たくなく、石色も良いです。なによりも川がとてもキレイです。

 いきなり掛かりそうな予感! 

引き釣りで釣り下ります。

 西里堰堤下まで釣り下り、いかにも釣れそうな瀬を発見・・しかし釣れない

 その後も神宮には全く釣れず時ばかりが過ぎて行く。

 10:30 1キロ程下り、釣り人の像がある橋まで来たが釣れず、午前の部ギブアップ

昼飯を食べながら、ウロウロ川見。

 ちなみに午前の部0対1匹でカバちんに負けた・・

 

12時~広瀬堰堤付近で泳がせ釣りに切り替えてスタートします。瀬を泳がせると・・バキューン。アタリも引きも最高です。やっとの1匹目。嬉しくて泣きそうになる

 少しポイントをズラし瀬の中へ泳いで行くとまたもやバキューン。

 チャラやザラ瀬を探りますが鮎が掛かる前に、根掛かってしまいポイントを潰してしまう。

その後、瀬のみを泳がせポツポツ釣れます。

 ここでも1キロ以上歩きましたが、渇水で瀬がチャラになっている感じ。

掛かりそうな瀬を探すべく水量のある下流へ向け車移動。

車移動でまたもやウロウロし、宮原おとり店の1キロ程上流にある吊り橋付近で、15:00再スタートです。

 瀬よりチャラの石色の方が圧倒的に良く、瀬を探しての場所替えも虚しくチャラをナイロンで止め泳がせ。

 いきなりバキューン。型もいい!

 2匹程釣り、仕掛けを複合に替えて、引き釣りを試すが全く反応がない。

 ナイロンに替え、瀬を止め泳がせで釣る。ガツーン。

すげーアタリ!

 元気の良いオトリを竿を寝かし気味に抑えこむように釣りバキューン。

 オトリが弱くなってきたら、引き釣りの竿角度でふわふわ釣りすると・・ガツーン。

 今日のパターンがわかった頃、辺りは暗くなっていた。目印が見えなくなってきたので17:00終了。

 釣果17匹。14~22センチ。鮎は若いです。

 

帰りに宮原さんに今の興津の釣りを教えてもらうと、オトリをフリーに泳がせていくのではなく、グイグイ引くのでもなく、瀬のクサイとこで引き釣り気味にふわふわ、フラフラさせるとの事でした。

 パターンを掴むのが遅すぎたし、釣れないとウロウロする悪い癖が出てしまい、ダメダメでした。

でも興津。面白かった。本当に明日もやりたいけど残念ながら仕事なので・・

41回の釣行の今日。竿納めします。



との事です。






↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
いつもポチっとありがとうございます。



   


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


[PR]

by yasu55ken5 | 2016-05-17 01:00


<< バリバス落下ストッパー      狩野川。 >>