2014年 09月 14日

同居人、荒川リベンジ釣行じゃ〜

8月18、19日。久しぶりに連休で休めることになったので、主の釣行にお付き合い


本当は、九頭竜に行く予定だったみたいですが、天候と河川状況で新潟釣行となりました。

荒川といえば・・・前回同居人は、魔のコミさん・・・嫌な記憶が・・・

おっしゃ!!コミさんからの脱出を図るべく、リベンジなのじゃwww



三面ドライブまでしてから、到着して川を見ると、前回よりも水が少なく澄んでいます。
ダム下を釣ろうか悩んだようですが、型がいいだろうと前回の下流ポイントへ


同居人も準備をして、竿を出して・・・ある事を思い出し、はああ〜
ため息です。
前回竿を折ったので
・・・、下野の旧バージョンですが、もともと1番2番に替穂が、柔らかいタイプとパワータイプがついていたんですが、そのパワータイプの2番を折ってしまったのです。ずーーっと、パワータイプだけを使用していて4年かけてやっと慣れたのに。。。ヘタっぴだと竿に慣れるにも時間がかかります

仕方ないので、今回は、柔らかい2番にパワータイプ1番を入れて使ってみることにしました。

水も減って、濁りもないので歩くのが楽になりました
 なので主が釣っている近くから始めます。
今回は、オトリが電光石火
で死んじゃうこともなく、仕掛けのトラブルもなく、送り出すと程なくして1匹とることが出来ました。
前回の不運の連続は何だったんだ・・・


だんだんと流れの強い瀬肩に入っていくと、掛る鮎のサイズも上がり、竿先にブルルンブルルン

のアタリがきて、久々楽すぃwww



ところが、ここで、落とし穴!!

いつもより、ブルンブルン竿にくると思ったら、そうです。穂先(正確には穂持ち)を柔らかいのに変えていたんです。
そのため、少しでも重い鮎や走られると、竿が上手く使えません。飛ばして来ても、同居人の力では、穂先の揺れを修正して上手に持っていられず、なんと4連続キャッチミス


その後も3回に1回くらいしかキャッチできないかんじで、鮎が増えずに具合が悪くなっていくばかり・・・
 コミさんは脱出したものの、このままでは、また負のスパイラルに突入です。
それでも、竿に慣れようとしばらくは使いますが、もう!!あきまへーーーん!!

午後2時頃には、休憩がてら車に戻り、竿を変更。
旧トリプルフォース早瀬を持ち出します(もちろん尻栓は新品です


竿が強くなったので仕掛けもちょっと変えて、釣り再開。
重たいし、掛った時の穂先のブルルンブルルンは、なくなってしまって、ちょっと寂しい
ですが、胴がしっかりしているので、とりあえずは鮎は真っ直ぐ飛んできます。たまにバラシますが、引き船に再び鮎が増えてきました



中州を歩いて見れば、ハミアトの綺麗な石もあります。
なんだか、見ただけで嬉しい気持ちになります(これは、鮎釣り師の笑顔の暗号ですね


主や二人ほどいた釣り人はみんな、橋下の強い瀬や駆け上がりの辺りを釣っているので、同居人だけ橋上で一人っきり。のーーんびり、あっち歩いたり
こっち歩いたり
結局最初の瀬肩からちょっと上が一番釣れるみたいなので、最初に戻り、今度は反対向いて釣って・・・楽しみました。

ただ、オトリ交換の時に体を安定させようと片ヒザを着いてたので、だいぶアザができて痛いのですが、今回は、コミさんを脱し、キャッチミスばかりでしたが、人もいず、暑くもなく十分に楽しみ、5時には終了となりました。6時間位の程よい釣行です





夕食に出かけた先では、鮭がいっぱい掛けて干してあるのを、外からですが初めて見て、海鮮丼や村上牛をちょこっと食べて、ここが村上かあ・・
女川ソーセージで、ノーマル、ハーブ、ペッパー、チョリソーを堪能。なるほど〜!
と今更ながらに思ったのでした。
翌日も楽しみなうちに就寝
となりました。

釣果:21匹キャッチ完了です

仕掛:シマノ完全フロロ0.2号、シマノ完全メタマグナム0.05号
ハリ:セナ6.5号4本、タフ6.5号4本



いつもポッチとありがとうございます。
                     鮎情報はこちら⇊⇊⇊⇊⇊⇊


 

  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


 


[PR]

by yasu55ken5 | 2014-09-14 23:59


<< お久しぶりな胎内で2日目      新潟釣行。2日目!!。 >>